FC2ブログ
2019 01 / 12 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02 next month
女性向けゲーム        

スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
飯島 愛(いいじま あい、本名:大久保 松江(おおくぼ まつえ)、1972年10月31日)
元タレント。 東京都江東区亀戸出身。元ワタナベエンターテインメント所属。身長163cm。血液型はA型。既に芸能界を引退しているが、飯島 愛としてブログ(飯島愛のポルノ・ホスピタル)を続けており、連日ファンのコメントで賑わっている。

別名: 大久保 松江(本名)
愛称: 愛珍(あいちん)
生年月日: 1972年10月31日
現年齢: 35歳
血液型: A型
公称サイズ(出典不明)
身長 / 体重: 163 cm / 43 kg
BMI: 16.2(低体重)
スリーサイズ: 86 - 56 - 85 cm

B公式ブログ・公式サイト
飯島愛のポルノ・ホスピタル(blog)

キラキラ(ピンク)1992年、AV女優となる。
本名が「大久保松江」であることは2007年4月8日放送分の『ウチくる!?』にて、中山秀征により公表された。(その後、2007年5月2日に自身のブログでもさりげなく公表している)
キラキラ(ピンク)芸名は水商売時代、所属していた店のママが「みんなから愛される子になるように」という願いを込めて「愛」という源氏名を付けてくれたことによる(自著「プラトニック・セックス」より)とあるが、以前テレビ番組で「ラブ」という源氏名を自らつけたことを告白している。「本名が垢抜けないから好きではない」と、思い切った名前をつけた。その後に勤めることになったクラブのママが「ラブ」を転じさせ「愛」にするよう指導し、理由は後付で、客に紹介する際に「みんなから愛され~」のくだりが確立された。
キラキラ(ピンク)芸名に「飯島」という姓がつけられたのは、当時の所属事務所社長が飯島直子の大ファンだったため。飯島直子側はこれを快く思っていないと報道されることが多く、「W飯島」と括られることもあるが共演はほとんどなかった。しかし飯島直子が2006年10月に「ウチくる!?」に出演した際、両者の不仲説を明確に否定した。
キラキラ(ピンク)1990年代前半、とんねるずのみなさんのおかげですのスタッフと木梨憲武が、飯島のビデオのファンであったことから番組にハプニングゲストで出演(これがテレビ番組初出演になる)。
キラキラ(ピンク)1990年代前半、深夜番組「ギルガメッシュないと」(テレビ東京系)で、スカートをめくり、世の男たちに活力をあたえた。『Tバックの女王』と呼ばれる。その後、次第に大人の女性としてトーク番組等でバラエティタレントとして活躍している。近年は気だるく重い口調が特徴。
キラキラ(ピンク)1993年、「ナイショ DE アイ!アイ!」で歌手デビュー。オリコン87位。このCDには飯島が実際に着用したパンティを細かく裁断した生地が同梱されていた。
キラキラ(ピンク)2000年、半自伝的な小説「プラトニック・セックス」でAV出演や性病感染、整形手術していたこと等をカミングアウトしベストセラーに。映画化やテレビドラマ化もされ、以来作家活動も行っている。週刊朝日にコラム「飯島愛の錦糸町風印税生活」を執筆。また性感染症予防の啓蒙活動でも知られる。
キラキラ(ピンク)あんたにグラッツェ!・あんグラ☆NOW!にゲストとして呼ばれた回数No.1。奢った金額トータルもNo.1。
キラキラ(ピンク)ゲスト出演から準レギュラーを経てレギュラーになる事が多かった。例としては「スパスパ人間学!」、「決定!これが日本のベスト」、「ロンドンハーツ」等がある。
キラキラ(ピンク)胸や顔の整形等についてカミングアウトしていて、自らのスッピンネタ等自虐系の発言も時々する。そのメイク技術はテレビ番組『くりぃむナントカ』でも、「飯島さん、メイクの本を出すべきですよ!」と言われたほどだった。
キラキラ(ピンク)2005年にブログを始める。同年、ネット配信番組に連動した株取引に関するブログも、短期間公開された。
キラキラ(ピンク)2006年11月11日、個人事務所の経理担当の人間から数千万円もの横領被害に遭ったことをブログで告白した。
キラキラ(ピンク)2007年3月31日、所属事務所から正式に芸能界を引退することが発表された。

[編集] 引退報道
2007年3月3日、芸能界引退の報道が流れる。事務所もこの内容をFAX回答で認めた。生出演した『サンデージャポン』では、この件について、いつかは引退すると言うも3月末とは明言しなかった。その後翌週(3月10日)で3月いっぱいで引退することを本人が発表した。
腎臓病(腎盂炎)であることが報道された。それによると「症状が予想以上に重く、仕事を続ける意欲を完全に失っているという。」と理由付けされている。「引退」飯島愛を悩ます腎盂炎の深刻度 日刊ゲンダイ - 2007年3月4日。
3月末で引退予定のため、その時期にはTBSで引退特番もすでに組まれていた。
彼女のブログには「引退しないでほしい」「芸能界にまた復帰してほしい」など、引退を惜しむコメントが多数書き込まれた。飯島も「みんなのコメント読んでるよ」と返事を書き、ファンサービスをした。

飯島愛の逸話
キラキラ(水色)人気AV女優・後藤えり子にスカウトされてAV界に入った。
キラキラ(水色)週刊誌が本人に許可をとらずに勝手にヌード写真を載せたとして争った事がある。
キラキラ(水色)『元アダルトビデオ出演女優』の肩書き(も同然)でデビューしたにもかかわらず、バラエティー番組・コメンテーター・ドラマ女優・作家・ボランティア活動等をこなすマルチタレントとして老若男女から広く支持を得るという成功をおさめた稀有な例であり、巷間のAV女優の憧れの的となっている。
キラキラ(水色)その後、自著『プラトニック・セックス』で、AV女優経験について語っている。しかしその描写をめぐって当時の関係者に波紋が広がる(「実際以上に酷い世界である」と強調しているとの主張がある)。
キラキラ(水色)かつて光GENJIの大沢樹生の熱狂的なファンで、「どうしても大沢君に会いたいから一緒について来て!」と母親に泣いて頼み、2人で実際に江東区の大沢の自宅を訪ねた事実を『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ)のスペシャルにゲスト出演した際に自ら発表した。
キラキラ(水色)「私的(わたしてき)には」というフレーズで流行語大賞をとったことがある。
キラキラ(水色)TVの前のキャラと違い、共演者・スタッフ達にはプレゼントを欠かさず贈り、営業に余念が無いと(あくまで)自ら告白している。
キラキラ(水色)TVでは自由奔放で辛口発言や暴言が多いと思われがちだが、実際は非常に繊細で、辛口や暴言を吐いた相手に対し、気遣いとフォローを忘れない。また気が回りすぎて、つい虚勢を張ってしまうタイプであることを、前所属事務所の社長により告白されているが、真実は定かではない。
キラキラ(水色)かなりのガンダム好きであり、富野由悠季と何度か対談を行っている。
キラキラ(水色)父親は自民党後援会員を務めている。その縁で、都知事選で柿澤弘治を応援したことがある。
キラキラ(水色)1993年にダウンタウンの番組『ダウンタウン汁』(TBS)にゲスト出演する際、事前にダウンタウン側に「AV女優時代の話はしないで欲しい」との要望(本人、事務所のどちらからのものかは不明)が伝えられた。これを聞いた松本人志はあえてAV女優時代の話をしようと思ったが、生放送ではないためカットされるとみて要望通りトークを行った。これについて松本はエッセイ集『遺書』で「過去の自分があるから、今の自分があるということをわかっていない」「二度と自分たちがやる番組に出演してくれるな」と怒りを込めて書いている。また相方の浜田雅功も『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ)のオープニング企画で、モザイクがかかってはいたが、飯島の写真を何度も殴りつけたことがある。他にも松本は2005年にも自身のラジオ番組において、この件について、嫌悪感を露にした発言をしており、現在まで飯島がダウンタウンの番組に出演しない原因になっていると思われる。 
キラキラ(水色)AV業界でも飯島のこの態度に苦言を呈す人が多く、AV男優の加藤鷹は「嘘ばかり書いた本(プラトニック・セックス)を出して、自分を育ててくれたAV界を足蹴りにしたような女は俺は嫌いだ」と、痛烈に批判していた。(その後和解した模様で、飯島が芸能活動を引退するときには加藤鷹が労いの言葉を掛けていた。)
キラキラ(水色)2006年、『ウチくる!?スペシャル』に江原啓之が出演した際に、「“とにかくかわいそうなくらい繊細過ぎる。外見の印象と全く違う人。オーラの色はきれいな紫の色を持ってるが微弱。他人を信じ過ぎて、疑う事を知らな過ぎたために、さんざん、裏切られた事がいっぱいある。他人からの愛を信じられない所がある。他人への施しは程々にして、自分の幸せを考えなさい。去年まで人間関係、ゴタゴタ、色々とあったが、全部、切り捨て、今年から気持ちを切り替えて、新しい方向へ行きなさい。今まで一度も甘えた事が無い。自分自身が甘えられる環境を作る事がこれからの課題。幸せはある”と守護霊からのメッセージがあった」と指摘された。
キラキラ(水色)芸能人の昔を再現フィルムなどで見せるという特番では中学の写真一枚で終わった。
キラキラ(水色)現在では自身の事をセレブニートと称している。
キラキラ(水色)ブログでデザイン事務所へアルバイトに出かけると言い、その頼りなさに多数の助言がコメント欄でなされた。真偽の程は彼女のそれへの回答がない為、明らかではない。

yokoダイエットできれいになるためのブログ集

yoko他のビューティーサイトを見に行く


ブログパーツ

スポンサーサイト
 | [モデル芸能人ブログ]一覧  | TB(1)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://lovelychic.blog67.fc2.com/tb.php/233-2046c003

RSSフィード

ブログ内検索

体験レポ

カテゴリー

月別アーカイブ

access

online

人気ページランキング

メールフォーム

Recruit

理想体型チェック

ranking

プロフィール

ブロとも申請フォーム

links

体重グラフ