2017 05 / 04 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06 next month
女性向けゲーム        

このカテゴリーの最新記事一覧
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
新垣 結衣(あらがき ゆい、1988年6月11日)

女優・歌手・タレント・ファッションモデル。愛称はガッキー、ゆいぼ。身長167cm。

沖縄県那覇市出身。レプロエンタテインメント所属。那覇市立開南小学校、大里村立大里中学校(現南城市立大里中学校)、日出高等学校卒業。
愛称: ガッキー、ゆいぼ
生年月日: 1988年6月11日
現年齢: 19歳
出身地: 日本・沖縄県那覇市
血液型: A型
公称サイズ(2005年時点)
身長 / 体重: 167 cm / 48 kg
BMI: 17.2(低体重)
スリーサイズ: 80 - 62 - 87 cm
ブラのサイズ: B
股下 / 身長比: 80 cm / 47.9 %
靴のサイズ: 24.5 cm
B公式ブログ・公式サイト
新垣結衣オフィシャルブログ 新垣結衣 ブログパーツ
新垣結衣 ワーナーミュージック・ジャパン
新垣結衣のポッキールーム

キラキラ(ピンク)2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』の読者であった姉に「私はもうできないから結衣に頼んだ」と言われてモデル(ニコモ)オーディションに応募、グランプリを獲得。その後のモデル活動では主にかっこいい系のファッションやキャラで同世代の読者から極めて高い人気を集め、2005年春にニコモを卒業するまでの表紙登場回数は当時最多の15回を誇る。同時期に人気を集めた虎南有香は大親友。なお、愛称の「ガッキー」はニコモになって間もなく榎本亜弥子に提案されたもので、ニコラ時代にはフルネームではなくこちらが名前として使われていることも多い。

キラキラ(ピンク)翌年春にニコラ卒業を控えた2004年中頃からはバラエティ番組や水着グラビア、女優業などへと進出し、活動の場を広げている。女優としては2005年に出演した『Sh15uya』でデビュー。ニコモを卒業した今でも、ニコラに載る事がある。ただし、2006年秋ごろからは、バラエティの出演は減ってきている。

キラキラ(ピンク)2005年にはNTT東日本企業広告CMへの抜擢、土9ドラマでは異例の『ギャルサー』『マイ★ボス マイ★ヒーロー』への2クール連続出演、グリコ『ポッキー極細』のCM出演などで話題を呼ぶ。アニメの声優にも挑戦し、映画『超劇場版ケロロ軍曹』ではミララ役でゲスト出演、テレビアニメ『デジモンセイバーズ』では藤枝淑乃役でレギュラー出演した。映画『恋空』では田原美嘉役を演じた。

キラキラ(ピンク)グラビアアイドルとしては主に少年誌の雑誌グラビアで活動していたが、2006年3月3日には1st写真集『ちゅら☆ちゅら』が、5月17日にはイメージビデオ『シャンユイ』が発売された。『ちゅら☆ちゅら』の発売にあたって3月5日12時から福家書店銀座店にて開催されたサイン本発売&握手会には1500人近くが来場、同店におけるイベントとしてはプロ野球監督の長嶋茂雄以来という盛況を博した。ちなみにタイトルの「ちゅら」は琉球語で「美しい」という意味を持つ。

キラキラ(ピンク)2007年秋公開の『ワルボロ』で映画デビューを果たした。また同年夏公開の『恋するマドリ』で映画初主演、11月3日公開の『恋空』でも主演を務めた。なお、『恋空』で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞、第29回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を、また『ワルボロ』と『恋空』の二作で第20回日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞した。

キラキラ(ピンク)2007年8月6日には『恋するマドリ』の主題歌「メモリーズ」で歌手デビュー。初めて披露したのはエフエム東京の本人出演番組、「SCHOOL OF LOCK!」の2007年8月6日放送分で1コーラスだけ披露した。同曲は「SCHOOL OF LOCK!」のサイトでの独占先行配信で、着うたのみ同日から4日間先行配信された。さらに、2007年10月1日には『恋空』の挿入歌である「heavenly days」をエフエム東京の本人出演番組、「SCHOOL OF LOCK!」のコーナー「GIRLS LOCKS!」にて1コーラス分披露したが、その後も本人出演時を中心に放送されている。

キラキラ(ピンク)同年11月3日放送のTBS系『COUNT DOWN TV』ゲストライブに出演し「heavenly days」を歌った。新垣自身、初の歌番組出演となった。

キラキラ(ピンク)同年12月5日にはアルバム『そら』でCDデビュー。『恋空』の挿入歌や主題歌などが収録されている。12月21日には日本武道館でデビューイベントが行われた。

キラキラ(ピンク)同年12月31日にはNHK紅白歌合戦のゲスト審査員をつとめた。

キラキラ(水色)3人姉妹の末っ子。
子どもの頃から人見知りをする。
イラストを描くのが得意。
沖縄出身だが暑さには弱いという。
キラキラ(水色)一人称は度々変わる。基本は「私」だが自身が書くブログや日記の中でも「僕」、「ゆいぼ」、「ユイ」、「新垣」、「ガッキー」、「ガッちゃん」など様々。中学校時代の友達には「ゆいぼ」などと呼ばれている。
キラキラ(水色)漫画が大好きで、特に『ラブ★コン』が好き。またHY、Coccoのファンである。
キラキラ(水色)ボーイズ系カジュアルの他にもいろいろな洋服を着こなすことでも読者の憧れであった。私服では自身の父のジーパン(大きめでダメージが強い)を愛用して「パパカジ(パパのカジュアル)」という新しいファッション用語を同誌で流行らせた。
キラキラ(水色)いつも身につけているクロスのネックレスは、祖母、母と受け継がれたもの。また母方の祖母からゴールドの結婚指輪も高校1年生の時に受け継いだがこちらは本人が紛失してしまい、相当ショックを受けたようである。今は代わりのリングをいつも同じ所(右手薬指)にはめている。
キラキラ(水色)得意料理はゴーヤーチャンプルー。バラエティ番組『恋するハニカミ!』に出演した際、小出恵介にふるまった他、NTT東日本のCM「家政科学生ユイの想い」でもその腕前を披露している。
普段、機敏な動きはしないらしく友達からは「手を肩から上にあげない」と言われるほどで、ポッキーCMでのダンスは自分の体じゃないみたいで気持ち悪かったとインタビューで語っている。
キラキラ(水色)一人暮らしを始め、ヒョウモントカゲモドキをペットとして飼っている。
キラキラ(水色)ポッキーCM時代には「次世代にブレイクするアイドル」としてマスコミ人気が高かったものの、泉ピン子には「志田未来の方が演技力、印象ともはるかに上」と役者として成功したわけではない彼女に対して「事務所が強いだけ」「踊るくらい自分でもできる」と酷評されていた。
キラキラ(水色)2007年11月7日に公式ブログを開設。早くも一記事あたり四桁ものコメントが付き、amebloの人気タレントブログランキングでは若槻千夏の次になっていた。11月13日の更新によれば、開設間もないにも関わらず若槻の次になっていたことは嬉しく、若槻のブログも時折見ているとのこと。

yokoダイエットできれいになるためのブログ集

yoko他のビューティーサイトを見に行く


ブログパーツ

スポンサーサイト
 | [モデル芸能人ブログ]一覧  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
眞鍋 かをり(まなべ かをり、本名同じ。1981年3月31日)

女性タレント、元グラビアアイドル。アバンギャルド所属。
愛称: カオリン
ウォーリー
眞鍋ちゃん
生年月日: 1981年3月31日
現年齢: 26歳
出身地: 日本・愛媛県西条市
血液型: A型 (RH+)
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重: 162 cm / 45.5 kg
BMI: 17.3(低体重)
スリーサイズ: 84 - 55 - 85 cm
ブラのサイズ: D
靴のサイズ: 23.5 cm
特技は剣道

B公式ブログ・公式サイト
眞鍋かをりのココだけの話

キラキラ(ピンク)お酒の飲みっぷりがよく、『「ぷっ」すま』『笑瓶観光』などでお酒が出てくると勢いよく飲み始め、ほどよく酔っ払って収録に参加している姿が見受けられる。1日にビール5~6本は飲むため、自宅の冷蔵庫は冷えたビールが常に満杯になるようにしている。
キラキラ(ピンク)好きなバラエティ番組の衣装はセーラー服。ヤンキー仕様の赤いセーラー服を着ていた際に「結構気に入っている。ずっと着ていたい」と発言した。
キラキラ(ピンク)2006年2月、スキンケアブランド「プロアクティブ」の日本市場キャスターに就任。ニキビで悩んで「引きこもりだった」ことを告白。社長から「NO!ニキビーナス」の称号を贈られる。
キラキラ(ピンク)「IT企業の社長って上から見下してるんじゃないかと思うんで何か嫌ですね」や「「昨日○○のパーティーいってさ~」とか言われるとはぁ~?って感じで」と言いIT関連の男性が苦手であると語っている。
キラキラ(ピンク)ボタンフェチという独特の趣向の持ち主でもあり、ボタンを噛んだり、体にこすったりすると語っている。またボタンを飲み込んで窒息しかけたことがある。本人曰くボタンにも良いボタンと悪いボタンがあるとの事。
キラキラ(ピンク)プロポーズされる時のセリフは「結婚すっか」[10]が理想だと語った。
キラキラ(ピンク)インリンの事が好きで、酒に酔って「インリン・オブ・ジョイトイ!」と言いながらM字開脚をしてしまった事があると語っていた。
キラキラ(ピンク)レイザーラモンHGが黒いビキニパンツを下げ、お尻に鍼(ハリ)を打つシーンでは「見た~い!」と無邪気に言うと「そんなに私のお尻が見たいですか」とHGに言われながらも磯山さやかと共に見ていた。
キラキラ(ピンク)富士急ハイランドにあるFUJIYAMAに乗せられ号泣してしまったことがある。
キラキラ(ピンク)江原啓之から「とにかく落ち着きなさい」と指摘され、眞鍋もこれに笑って同意した。またスピリチュアルメッセージは「嫌な人と出会うのは成長のカリキュラム。鏡を見れば自分の姿がわかるように出会う人を見れば自分の姿ができる。だから私たちは成長できるのです。」オーラの言葉は「わが身をつねって人の痛さを知ろうとしない人、想像力のない人が犯罪を犯す。子供たちに子守唄を聞かせ、詩や俳句を詠ませる。想像力を養い事が犯罪を未然に防ぐ」
キラキラ(ピンク)好きな人への気持ちが冷めてしまった時というテーマで眞鍋は、当時完璧に見える人で憧れの人とみんなでレトロゲームのスーパーマリオをやることになり、その人がプレイした時の事を「スーパーマリオの一面で最初のクリボーに当たって死んだんですよ。もうこの人だめだな、って思ったんですよ。始まって超Bダッシュでいきなりクリボーに当たってるんですよ!?」と語って出演者たちを笑わせた。

キラキラ(水色)2004年6月30日から開設している自身のブログ「眞鍋かをりのココだけの話」には、驚異的な数のトラックバックがあり、一記事に対するトラックバック数がトラックバックスパムも含め3000を超える場合もある。その数は日本一といわれており、「ブログの女王」と呼ばれた。ヤクルトの古田敦也選手(2006年より選手兼任監督)に「打倒眞鍋かをり」と、古田の公式ブログにてトラックバック数の目標にされたこともある。2005年8月に後日談などを大幅に加筆した上で書籍化された。宣伝用に本に付けられる帯の文章は古田敦也が担当。逆に12月に古田のブログが書籍化された時には眞鍋が帯を担当)。2004年7月の警察庁セキュリティポータルサイト@policeのインタビューによれば、公式ブログ開設前の2003年に名無しでブログを持っていたが、友達に止められたとの由。
キラキラ(水色)2004年7月12日のブログに伊達眼鏡をかけた写真を「なりきりTommy february6」と称して掲載したところ大受けしてアクセス数が急増し、トラックバックの最高記録を打ち立てた。この事で眼鏡が似合う女性タレントとしても認知される(近頃の眼鏡ブームの火付け役とも言われる)。同じ頃、コオロギが後ろ脚を大股開きにしている写真を「インリン・オブ・ジョイトイ」と題し掲載するなど、シュールな感覚の持ち主である。
キラキラ(水色)2005年12月5日には眞鍋のブログがニフティの「ココログ」に開設されている縁から、ニフティが開設したサイト「ブログ普及委員会」の委員長に就任した。
キラキラ(水色)2006年1月、安全にPCを利用するための啓発活動として、キャッチフレーズ「マナベにまなべ」を掲げ、「CHECK!PC」キャンペーンのイメージキャラクターに起用される。
キラキラ(水色)かつて制作ソフトに頼らずWordで個人サイトを作ってファンと直接コミュニケーションを取っていたが、仕事が多忙になり管理が行き届かなくなったことと、それに付け込んだ一高校生を名乗る変質的な人物に執拗に攻撃されて2001年5月に閉鎖に追い込まれている。ハンドル名「Q」を名乗り『殺す』と書いた脅迫書き込みがあり、直後に開催された写真集発売記念イベントでは一時警備が増強された。眞鍋は自分のサイトが原因で周りに迷惑をかける事態が起こったことに責任を感じ、閉鎖決定後に「閉鎖理由」としてファンへのお詫びと共に書き込んだ。当時はネットによる犯罪予告などを厳密に取り締まる法整備が出来ていなかったためにこの程度で済んだが、ネット犯罪が広く知れ渡った現在では「脅迫行為」として逮捕可能な犯罪であり、その走りとなる事件だった。付随してアイドルの販促イベントに現れては女性タレントに卑猥な言葉を吐いてその反応を隠し撮りしていく輩(一般に「暴言男」と呼ばれた)がいたことや、そのビデオテープを買取りDVD化して売り出す一部芸能投稿雑誌も存在したため、この2つの事件以降に女性タレントに対する会場警備が過敏になった。
キラキラ(水色)2004年10月に「爆笑問題のススメ」の中で森村誠一をゲストに迎え「言葉の暴力」について論じていた時、2ちゃんねるでの悪意の書き込みをする輩に対し森村と太田光が批判した際、眞鍋は「(そういうタイプは外にも出れないし、友達も居ないのだから)やらせてあげましょうよ」と発言する。本人としては、ネット社会での無責任な放言に対する大人の対応のつもりであったが、これによって人格攻撃されたと受け取った一部の2ちゃんねらーの反発を招いた。
キラキラ(水色)2006年5月29日、TBS RADIO podcasting954のポッドキャスト番組「“眞鍋かをり”のポッドキャスト Tokyo Local」がスタートした。制作は「ブジオ!」(後述)を放送していたTBSラジオ&コミュニケーションズの協力のもと、ニフティが手がけている。
キラキラ(水色)かつてはトラックバック数や読者の数はダントツであったが、2007年1月に若槻千夏のブログ『マーボー豆腐は飲み物です』が台頭して、トラックバック数も減っている。
キラキラ(水色)かつてはブログにおける一人称として「オイラ」を使用していたが、プライベートで"オイラ"といわなくなったことから「私」を使用するようになったとインタビュー記事で述べている。

yokoダイエットできれいになるためのブログ集

yoko他のビューティーサイトを見に行く


ブログパーツ
 | [モデル芸能人ブログ]一覧  | TB(1)  | CM(0) | Page Top↑
飯島 愛(いいじま あい、本名:大久保 松江(おおくぼ まつえ)、1972年10月31日)
元タレント。 東京都江東区亀戸出身。元ワタナベエンターテインメント所属。身長163cm。血液型はA型。既に芸能界を引退しているが、飯島 愛としてブログ(飯島愛のポルノ・ホスピタル)を続けており、連日ファンのコメントで賑わっている。

別名: 大久保 松江(本名)
愛称: 愛珍(あいちん)
生年月日: 1972年10月31日
現年齢: 35歳
血液型: A型
公称サイズ(出典不明)
身長 / 体重: 163 cm / 43 kg
BMI: 16.2(低体重)
スリーサイズ: 86 - 56 - 85 cm

B公式ブログ・公式サイト
飯島愛のポルノ・ホスピタル(blog)

キラキラ(ピンク)1992年、AV女優となる。
本名が「大久保松江」であることは2007年4月8日放送分の『ウチくる!?』にて、中山秀征により公表された。(その後、2007年5月2日に自身のブログでもさりげなく公表している)
キラキラ(ピンク)芸名は水商売時代、所属していた店のママが「みんなから愛される子になるように」という願いを込めて「愛」という源氏名を付けてくれたことによる(自著「プラトニック・セックス」より)とあるが、以前テレビ番組で「ラブ」という源氏名を自らつけたことを告白している。「本名が垢抜けないから好きではない」と、思い切った名前をつけた。その後に勤めることになったクラブのママが「ラブ」を転じさせ「愛」にするよう指導し、理由は後付で、客に紹介する際に「みんなから愛され~」のくだりが確立された。
キラキラ(ピンク)芸名に「飯島」という姓がつけられたのは、当時の所属事務所社長が飯島直子の大ファンだったため。飯島直子側はこれを快く思っていないと報道されることが多く、「W飯島」と括られることもあるが共演はほとんどなかった。しかし飯島直子が2006年10月に「ウチくる!?」に出演した際、両者の不仲説を明確に否定した。
キラキラ(ピンク)1990年代前半、とんねるずのみなさんのおかげですのスタッフと木梨憲武が、飯島のビデオのファンであったことから番組にハプニングゲストで出演(これがテレビ番組初出演になる)。
キラキラ(ピンク)1990年代前半、深夜番組「ギルガメッシュないと」(テレビ東京系)で、スカートをめくり、世の男たちに活力をあたえた。『Tバックの女王』と呼ばれる。その後、次第に大人の女性としてトーク番組等でバラエティタレントとして活躍している。近年は気だるく重い口調が特徴。
キラキラ(ピンク)1993年、「ナイショ DE アイ!アイ!」で歌手デビュー。オリコン87位。このCDには飯島が実際に着用したパンティを細かく裁断した生地が同梱されていた。
キラキラ(ピンク)2000年、半自伝的な小説「プラトニック・セックス」でAV出演や性病感染、整形手術していたこと等をカミングアウトしベストセラーに。映画化やテレビドラマ化もされ、以来作家活動も行っている。週刊朝日にコラム「飯島愛の錦糸町風印税生活」を執筆。また性感染症予防の啓蒙活動でも知られる。
キラキラ(ピンク)あんたにグラッツェ!・あんグラ☆NOW!にゲストとして呼ばれた回数No.1。奢った金額トータルもNo.1。
キラキラ(ピンク)ゲスト出演から準レギュラーを経てレギュラーになる事が多かった。例としては「スパスパ人間学!」、「決定!これが日本のベスト」、「ロンドンハーツ」等がある。
キラキラ(ピンク)胸や顔の整形等についてカミングアウトしていて、自らのスッピンネタ等自虐系の発言も時々する。そのメイク技術はテレビ番組『くりぃむナントカ』でも、「飯島さん、メイクの本を出すべきですよ!」と言われたほどだった。
キラキラ(ピンク)2005年にブログを始める。同年、ネット配信番組に連動した株取引に関するブログも、短期間公開された。
キラキラ(ピンク)2006年11月11日、個人事務所の経理担当の人間から数千万円もの横領被害に遭ったことをブログで告白した。
キラキラ(ピンク)2007年3月31日、所属事務所から正式に芸能界を引退することが発表された。

[編集] 引退報道
2007年3月3日、芸能界引退の報道が流れる。事務所もこの内容をFAX回答で認めた。生出演した『サンデージャポン』では、この件について、いつかは引退すると言うも3月末とは明言しなかった。その後翌週(3月10日)で3月いっぱいで引退することを本人が発表した。
腎臓病(腎盂炎)であることが報道された。それによると「症状が予想以上に重く、仕事を続ける意欲を完全に失っているという。」と理由付けされている。「引退」飯島愛を悩ます腎盂炎の深刻度 日刊ゲンダイ - 2007年3月4日。
3月末で引退予定のため、その時期にはTBSで引退特番もすでに組まれていた。
彼女のブログには「引退しないでほしい」「芸能界にまた復帰してほしい」など、引退を惜しむコメントが多数書き込まれた。飯島も「みんなのコメント読んでるよ」と返事を書き、ファンサービスをした。

飯島愛の逸話
キラキラ(水色)人気AV女優・後藤えり子にスカウトされてAV界に入った。
キラキラ(水色)週刊誌が本人に許可をとらずに勝手にヌード写真を載せたとして争った事がある。
キラキラ(水色)『元アダルトビデオ出演女優』の肩書き(も同然)でデビューしたにもかかわらず、バラエティー番組・コメンテーター・ドラマ女優・作家・ボランティア活動等をこなすマルチタレントとして老若男女から広く支持を得るという成功をおさめた稀有な例であり、巷間のAV女優の憧れの的となっている。
キラキラ(水色)その後、自著『プラトニック・セックス』で、AV女優経験について語っている。しかしその描写をめぐって当時の関係者に波紋が広がる(「実際以上に酷い世界である」と強調しているとの主張がある)。
キラキラ(水色)かつて光GENJIの大沢樹生の熱狂的なファンで、「どうしても大沢君に会いたいから一緒について来て!」と母親に泣いて頼み、2人で実際に江東区の大沢の自宅を訪ねた事実を『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ)のスペシャルにゲスト出演した際に自ら発表した。
キラキラ(水色)「私的(わたしてき)には」というフレーズで流行語大賞をとったことがある。
キラキラ(水色)TVの前のキャラと違い、共演者・スタッフ達にはプレゼントを欠かさず贈り、営業に余念が無いと(あくまで)自ら告白している。
キラキラ(水色)TVでは自由奔放で辛口発言や暴言が多いと思われがちだが、実際は非常に繊細で、辛口や暴言を吐いた相手に対し、気遣いとフォローを忘れない。また気が回りすぎて、つい虚勢を張ってしまうタイプであることを、前所属事務所の社長により告白されているが、真実は定かではない。
キラキラ(水色)かなりのガンダム好きであり、富野由悠季と何度か対談を行っている。
キラキラ(水色)父親は自民党後援会員を務めている。その縁で、都知事選で柿澤弘治を応援したことがある。
キラキラ(水色)1993年にダウンタウンの番組『ダウンタウン汁』(TBS)にゲスト出演する際、事前にダウンタウン側に「AV女優時代の話はしないで欲しい」との要望(本人、事務所のどちらからのものかは不明)が伝えられた。これを聞いた松本人志はあえてAV女優時代の話をしようと思ったが、生放送ではないためカットされるとみて要望通りトークを行った。これについて松本はエッセイ集『遺書』で「過去の自分があるから、今の自分があるということをわかっていない」「二度と自分たちがやる番組に出演してくれるな」と怒りを込めて書いている。また相方の浜田雅功も『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ)のオープニング企画で、モザイクがかかってはいたが、飯島の写真を何度も殴りつけたことがある。他にも松本は2005年にも自身のラジオ番組において、この件について、嫌悪感を露にした発言をしており、現在まで飯島がダウンタウンの番組に出演しない原因になっていると思われる。 
キラキラ(水色)AV業界でも飯島のこの態度に苦言を呈す人が多く、AV男優の加藤鷹は「嘘ばかり書いた本(プラトニック・セックス)を出して、自分を育ててくれたAV界を足蹴りにしたような女は俺は嫌いだ」と、痛烈に批判していた。(その後和解した模様で、飯島が芸能活動を引退するときには加藤鷹が労いの言葉を掛けていた。)
キラキラ(水色)2006年、『ウチくる!?スペシャル』に江原啓之が出演した際に、「“とにかくかわいそうなくらい繊細過ぎる。外見の印象と全く違う人。オーラの色はきれいな紫の色を持ってるが微弱。他人を信じ過ぎて、疑う事を知らな過ぎたために、さんざん、裏切られた事がいっぱいある。他人からの愛を信じられない所がある。他人への施しは程々にして、自分の幸せを考えなさい。去年まで人間関係、ゴタゴタ、色々とあったが、全部、切り捨て、今年から気持ちを切り替えて、新しい方向へ行きなさい。今まで一度も甘えた事が無い。自分自身が甘えられる環境を作る事がこれからの課題。幸せはある”と守護霊からのメッセージがあった」と指摘された。
キラキラ(水色)芸能人の昔を再現フィルムなどで見せるという特番では中学の写真一枚で終わった。
キラキラ(水色)現在では自身の事をセレブニートと称している。
キラキラ(水色)ブログでデザイン事務所へアルバイトに出かけると言い、その頼りなさに多数の助言がコメント欄でなされた。真偽の程は彼女のそれへの回答がない為、明らかではない。

yokoダイエットできれいになるためのブログ集

yoko他のビューティーサイトを見に行く


ブログパーツ

 | [モデル芸能人ブログ]一覧  | TB(1)  | CM(0) | Page Top↑
上戸彩ブログ  01/21/2008  
上戸 彩 (うえと あや、1985年9月14日)

歌手、女優、アイドル、タレント。所属事務所はオスカープロモーション。堀越高等学校を2年1学期で中退。
生年月日: 1985年9月14日
現年齢: 22歳
出身地: 日本 東京都 練馬区
血液型: O型
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重: 162 cm / 45.2 kg
スリーサイズ: 82 - 58 - 84 cm

B公式ブログ・公式サイト
上戸彩Official Site uetoaya.tv
上戸彩コンテンツメニュー

キラキラ(水色)東京都練馬区出身、父親は北海道出身、母親は沖縄県出身。3人兄妹の末っ子で、2歳年上と16歳年上の兄がいる。
キラキラ(水色)上戸の母方の祖母は琉球民謡の歌手であり、母親も跡を継ぎたかったが断念した。そんな中、友人がエキストラをやったと嬉しがっていたのを聞いた上戸は「私もテレビに出てみたい」と母親に話す。それを聞いた母親はポストのチラシに入っていた「全日本国民的美少女コンテスト」に本人に内緒で応募した。自分が断念した夢を上戸に託したのである。母親は、今でもドラマのセリフ覚えの手助けをしたり、スケジュール管理を行うなど、陰のマネージャー的存在である。
キラキラ(水色)2000年、まだZ-1としての活動をしているときに、厚生労働省の「LQ(エルキュー、ロング休暇=長期休暇の意味)キャンペーン」ポスターが全国に貼られた。当時15歳でまだ全国的な認知度も低く、ポスターには「上戸彩(Z-1)」とキャプションがつけられていた。ちなみに厚生労働省のHPではポスターではないが、ポスターと同じ写真を表紙に使った報告書を閲覧することができる(PDFファイルにつき注意)。他にも国土交通省・消防庁等、官公庁のイメージキャラクターになることが多い。
キラキラ(水色)CM NOWの読者が選ぶ女性タレント部門で2004年~2006年、3年連続第1位に選ばれた。
キラキラ(水色)2006年、ロッテがインターネットを通じて行った「バレンタインチョコレートを貰いたい女性有名人」調査で1位になる。
キラキラ(水色)10代の頃から、自宅での平均睡眠時間は「2時間くらい」という超多忙な毎日。

yokoダイエットできれいになるためのブログ集

yoko他のビューティーサイトを見に行く


ブログパーツ

 | [モデル芸能人ブログ]一覧  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
渡辺 満里奈ブログ「  01/15/2008  
渡辺 満里奈 (わたなべ まりな、1970年11月18日)

日本の女性タレント、司会者。本名、名倉 満里奈(なぐら まりな、旧姓:渡辺)。夫はお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤。
別名: 名倉 満里奈
生年月日: 1970年11月18日
現年齢: 37歳
出身地: 東京都大田区
公称サイズ(出典不明)
身長 / 体重: 163 cm / ― kg

★渡辺満里奈★オフィシャルwebサイト公式サイト

東京都大田区出身。エイプリル・ミュージック→SMAエンタテインメント所属。

血液型はB型。中延学園女子高等学校卒業。

キラキラ(水色)1984年ミス・セブンティーンコンテストに応募し東京地区予選にてCBSソニーにスカウトされる。 『夕やけニャンニャン』の「ザ・スカウト アイドルを探せ」では、月曜日の登場から圧倒的な存在感を示し、金曜日には高得点で合格を果たした。その際、とんねるずに「おニャン子は君のものだ!」とまで言わしめた。それほどまでの逸材であったが、後に本人曰く、この合格以前にいくつものオーディションで落選していた、とのことである。

キラキラ(水色)翌週の1986年3月27日におニャン子クラブ会員番号36番としてデビュー。とんねるずの予言を具現化するように、所属早々より人気を博し、後期おニャン子クラブの主力メンバーとなった。また、とんねるず(と秋元康)にかわいがられ、妹分的な位置づけとなった。おニャン子クラブ時代は同じ渡辺姓の渡辺美奈代とともにW渡辺、ワタナベズと呼ばれた。(ただし、二人は不仲であるというのが定説で、満里奈自身はほぼそれを認めている)

キラキラ(水色)おニャン子クラブ在籍中のソロデビュー曲『深呼吸して』は、当時のオリコン初登場1位最年少記録(15歳11ヶ月)であり、2001年3月27日、当時モーニング娘。だった後藤真希のデビュー曲『愛のバカやろう』(15歳6ヶ月)が登場するまで、約15年間この記録は破られなかった。

キラキラ(水色)おニャン子クラブ解散後も歌手としてアイドル番組やバラエティーなどに出演。当初はアイドルとして、事務所の意向に沿った形で当時のアイドルらしい衣装や楽曲で出演していたが、途中から満里奈自身のセンスが事務所に買われ、独自の路線で曲や衣装なども変わっていき、他のアイドルとはまったく別の方向性で同性からも人気を得た。

キラキラ(水色)その後、とんねるずと秋元康の縁から『とんねるずのみなさんのおかげです』にレギュラー出演、お笑いの資質も見出され芸歴に幅が拡がり、後の司会業をはじめとする様々な番組の出演への道が開けた。

キラキラ(水色)また、その頃から本人の意向により、おニャン子メンバーであったことを表に出したがらないようにもなる(コンサートでもファンに対し、おニャン子時代の応援グッズは持ってこないように通達が出ていた)。そのため、他のメンバーとも積極的に関わろうとはしなくなった(自身のラジオ番組で工藤静香、生稲晃子と共演した程度)が、フジテレビがお台場に移転した際の特番で、一度だけ『セーラー服を脱がさないで』を元メンバー達と一緒に歌っている。これ以外に過去の同窓会企画には一度も参加していない。

キラキラ(水色)現在では、彼女のファッション、旅行、健康などの本人の趣味による本が同性に好評で、その方面での人気が強まってきている。特に台湾通として知られており、観光親善大使にも任命される。

キラキラ(水色)訪台が高じて一時的に体格が豊かになっていた時期があったが、現在はピラティス・メソッド(これに関しても著書「ピラティス道」を上梓、後にDVDも発売)の実践でシャープな体型を維持している。

キラキラ(水色)バラエティ番組においてタモリ、ビートたけし、みのもんた、とんねるず、古舘伊知郎といった強烈な個性の持ち主たちと堂々と渡り合う姿から「猛獣使い」の異名を持つ。

キラキラ(水色)2005年4月5日、テレビ朝日の番組『銭形金太郎』で、共演している名倉との結婚を発表した。2005年5月5日に婚姻届を提出し、10月23日に東京プリンスホテルにて披露宴を行った。

キラキラ(水色)2007年6月1日、妊娠4ヶ月であると発表。同年12月9日、20時43分に都内の病院で第1子となる男児を出産したことが12月10日、双方の所属事務所から発表された。男児は3,448gで母子ともに健康という。

yokoダイエットできれいになるためのブログ集

yoko他のビューティーサイトを見に行く


ブログパーツ

 | [モデル芸能人ブログ]一覧  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

RSSフィード

ブログ内検索

体験レポ

カテゴリー

月別アーカイブ

access

online

人気ページランキング

メールフォーム

Recruit

理想体型チェック

ranking

プロフィール

ブロとも申請フォーム

links

体重グラフ